第47回 逗子海岸花火大会
ゆかたの着方
着付け
準備する物

浴衣、帯
肌じゅばん、裾よけ(汗を吸う物であれば洋服の時のスリップでもOKです)
腰ひも 2本、伊達締め1本
帯の結び方
step1 ゆかたを羽織り、裾の高さを決めます。
step1 下着を付け、ゆかたを羽織ります。
両袖を持って軽く引き、浴衣が体の中心に来ているかを確認します。
《完成までずれないように心がけましょう》
次に衿の先を揃え、衿の先から
約20cmくらいのところを持って、ゆかたをゆっくりと持ち上げます。
ゆかたの裾が、足のくるぶしにかかるくらいの高さに調節します。
step2 左身頃(上前)の位置を決めます。
step2 左身頃(上前)を右の腰骨のあたりに持っていきます。《ゆかたで右の太ももが隠れるようにします。》

ポイント
このあと一旦、左手を動かしますが、ここで決めた左手の位置が実際に着付けるときの位置になります。
step3 右身頃(下前)の位置を決めます。
step3 左身頃(上前)を元の位置に戻して、今度は右身頃(下前)を左側の腰骨あたりに合わせます。

ポイント
右身頃(下前)の裾を左身頃(上前)より7〜8cm高めにセットすると、着付けたときに裾の内側が見える心配がなくなります。
step4 左身頃(上前)を戻します。
step4 もう一度、左身頃(上前)を先ほど決めた腰の位置に持っていきます。《このとき、右身頃(下前)を持っていた手をゆっくりと離します。》
左身頃(上前)を右手に持ち替えます。
ポイント
左身頃(上前)のつま先を右身頃(下前)より3〜4cmくらい高めにすると綺麗に仕上がります。
step5 1つ目の腰ひもをしめます。
step5 左手で腰ひもを取り、右の腰骨のすぐ上の位置に当てます。
前からまわして、後ろで交差、もう一度前に持ってきてやや右横の位置で1回結び、 ひもをクロスさせて、余った部分は巻いた腰ひもの間にはさみ込みます。
ポイント
ウエストにひもをすると苦しくなるので腰骨の辺りで締めましょう。
step6 おはしょりを整えます。
step6 身八つ口(わきの下に開いている穴)から両手を入れて、
前後のおはしょり(帯の下に出てくる「あまり」の部分のこと)のシワをなくし綺麗に整えます。
step7 2つ目の腰ひもをしめます。
step7

step5と同じように帯ひもを前からまわして、後ろで交差、もう一度前に持ってきます。
やや右横の位置で1回結び、ひもをクロスさせて、余った部分は巻いた腰ひもの間にはさみ込みます。

step8 衣紋を抜き、衿を整えます。
step8 衣紋を抜きます。(首の後ろと衿の間とを少し開ける事)
こぶし一つ分位が目安です。
次に両手で衿元を整えます。
鎖骨が隠れるくらいの位置に衿を合わせます。
step9 伊達締めで仕上げます。
step9 伊達締めを前からまわして、後ろで交差、もう一度前に持ってきます。
やや右横の位置で 1回結びクロスさせて、余った部分はねじって伊達締めの中に入れます。
これで着付けは完成です。
帯を結びましょう
特別協賛: 株式会社コロワイド  株式会社コロワイド http://www.colowide.co.jp ページトップ
   
  デジタルハリウッド
  注意事項 Q&A 制作スタッフ プライバシーポリシー HOME
           
TOPページへ