トップページへ戻る
トップページ(お知らせ) ≫ おすすめスポット(海めぐり 公園めぐり 歴史めぐり 古刹めぐり) / 宿泊施設 / 逗子歳時記 / ずし観光グッズ / 交通案内(逗子へのアクセス タクシー) / リンク集 / 会員ホームページ一覧 / 皆様からのお便り紹介コーナー
逗子市観光協会:おすすめスポット(歴史めぐり)
<(国指定史跡)長柄桜山古墳群>(地図番号7)

平成11年春、逗子市と葉山町の境にある丘陵から前方後円墳が2基発見された。4世紀中頃〜後半(古墳時代前期)のもので、現存している県内の古墳では最大の規模。平成14年12月、国指定史跡となった。
郷土資料館(旧徳川家16代家達別荘>(地図番号8)

建物は大正元年(1912)に建てられた木造平屋建て。現在は逗子の文学、歴史、民俗、考古などの資料が展示されている。山の中腹にあり、資料館の庭から見る富士山、江の島、逗子海岸の景観は素晴らしい。

(国指定史跡)名越切通>(地図番号9)

鎌倉へ通じる七つの切通の一つ。切通は、鎌倉時代に山の尾根を削って交通路と砦の役目をするために築かれたもの。付近のまんだら堂跡は現在、発掘調査のため閉鎖中。

<池子遺跡群資料館>(地図番号18)

旧池子弾薬庫跡地の一部がアメリカ軍家族住宅の事業区域となることに伴い、平成元年から平成6年まで本格調査が行われ「生きた化石」と言われるシロウリガイ類化石、先土器・縄文時代、弥生時代から近代に至るまでの貴重な土器・木製品などが発掘され、三浦半島が形成された歴史を解明する貴重な資料が展示されている。
これまでほとんど不明であった池子の歴史を知ることができる。
<入館には事前の申込が必要です>

<(国指定史跡)和賀江嶋>(地図番号12)

鎌倉時代、往阿弥陀仏という僧が由比ヶ浜で難破する船の多いことを嘆き、幕府に願い出て1232年7月15日から8月9日までの短期間で工事した、日本で最初の築港。石は海路、相模国西部や伊豆国から運ばれた。
満潮時には全域が海面下に隠れてしまうが、干潮時には石積みが見られ、往時を偲ぶことができる。

<地図について>上記地図中の各名所の位置は、大まかな位置を表しています。詳しくは、「逗子観光マップ」をご覧下さい。
・地図番号7(長柄桜山古墳群)は、第1号墳および第2号墳の位置を表しています。
・地図番号9(まんだら堂跡)は、只今閉鎖中です。
<宿泊施設について>逗子市内には現在2つの宿泊施設があります。逗子観光の際に是非ご利用下さい。また宿泊施設についてのページもあわせてご覧下さい。
・小坪海岸 凛花 地図番号13
・KKR逗子松汀園 地図番号14
<観光名所について>逗子の景勝10選の情報についてもあわせてご覧下さい。
制作・著作:逗子市観光協会
〒249-8686 神奈川県逗子市逗子5丁目2番16号 逗子市役所経済観光課内
TEL:046-873-1111(代) FAX:046-873-4520
zushi@zushitabi.jp
(C) Zushishi Kanko Kyokai All rights reserved.
このホームページは財団法人神奈川県経営者福祉振興財団の協力で作成・運営されています